1円でも高く売るための不動産売却術





 » これだけは知っておきたい!不動産売却の為に必要な4つのこと

これだけは知っておきたい!不動産売却の為に必要な4つのこと

自分の持っている家やマンション、土地を売りたいなと思ったら、知っておくべきことがあります。

「不動産屋さんに依頼して、売れたら手元にお金が入るだろう」となんとなく考えてはいるものの、不動産を売る為に自分でやらなくてはいけないことや、お金が必要になる場面もあります。

いざそうなった時に焦らない為にも、事前に知っておくべきことを頭の片隅に置いておくことが大切です。


1.査定は複数社に依頼する!

不動産を売りたいと思ったらまずはいくらで売れるかをチェックしておくことから始まりますが、ほとんどは不動産屋さんに査定を依頼しますよね。

知り合いに不動産屋さんがいたりする方にありがちですが、一社からの査定を鵜呑みにして安売りしすぎてしまったり、価格を高くしすぎてしまっていつまでも売れず、売り時を逃してしまうということも少なくありません。

査定はあくまでも査定なので、その査定価格通りに売れるとは限りませんが、その物件を売るべき適切な価格というものがあります。

その適切な価格を知る為にも、複数の不動産屋さんに査定を依頼してその査定結果を比較することが大切です。 そうすることで適切な不動産の価値を知ることができ、時間や手間を無駄にせず売るべき時に売ることができるのです。


2.不動産売却にかかる費用を把握しておく!

不動産の売却をするにも、お金がかかります。


まずは、売却を依頼した不動産屋さんへの仲介手数料です。

仲介手数料は法律で計算式が決まっていて、400万円以上の物件に関しては
(販売価格×3%+6万円)+消費税
となっています。


また、登記の移転や抵当権の抹消などを依頼する司法書士にも費用を支払う必要があります。
この費用に関してはや地域や個々の司法書士によってもまちまちなので、依頼する前にどれぐらいの費用がかかるか見積もりを取ってくと良いでしょう。


そして売却に際してリフォームやクリーニングが必要な物件に関してはその費用もかかります。
不動産の様な高い物件でも第一印象で購入を決める方も少なくありません。
それだけ第一印象は大切なので、できるだけ綺麗にしておくと早く高く物件を売ることができる可能性が高くなります。

リフォームの内容に関してはもちろん好き好きがありますので、あまり凝ったリフォームはしない方が良い場合もありますが、最低限の汚れを取ったり、壊れたものを直す程度のことはしておいた方が良いです。

もちろんお金をかけなくてもできる手入れもありますので、できる範囲でこまめに自分で手入れをしておくのが良いでしょう。


3.売りに出せばすぐに売れるとは限らない!

なんとなく不動産屋さんに依頼して売りに出せばすぐに売れそうな気になってしまいがちです。
確かに人気のエリアや物件であればすぐに売れる可能性は高いですが、不動産売却は長期戦であると考えておいた方が気持ちに余裕が持てます。

安ければ売れるという訳でもありませんし、広告をもっと増やせば良いという訳でもありません。 じっと待つことで納得のいく価格で売れたということもよくある話。

最初から焦って販売活動をすると思わぬ結果になったりもしますので、気持ちだけは余裕を持って臨みましょう。


4.権利証の保管場所や内容をチェック!

不動産の持ち主になると権利証というものを発行されますが、その権利証が無いと不動産の売買をすることができません。

引越しをしたりすると権利証の保管場所をどこにしたか忘れがちです。
事前になって焦らない為にも、権利証やその物件に関する資料一式の保管場所をしっかり把握しておくようにしましょう。

また、権利証の登記情報内容もチェックしておきましょう。
古い物件だと自分が把握している区画割りとは違う住所が書いてあったり、持ち主が違ったり、共同持分であったりなどなど、自分が思っていた通りの内容じゃなかったというケースも少なくありません。
その内容のまま売ってしまうとトラブルになってしまう原因になってしまうので、売りに出すと決めたらまずはそこも確認しておきたいところです。



細かく見て行くとまだまだ確認しておくべきことは沢山ありますが、上記4つだけでもチェック、把握しておくことで大きなトラブルを起こす可能性はかなり低くなります。
手間のかかることも多い不動産売却ですが、晴れて売却が決まるととても清々しい気分で新しい生活をスタートすることができますので、まずは確認しておいてくださいね。